2017年05月07日

4/12 パンダ君、旅立ちました

170407_2308~01.jpg

じわじわと病状が悪くなってきたパンダ君

4月からはカリカリは食べなくなり、ウェットもどんどん食が細くなり。

それでもお刺身や魚は、食べてはくれたので、母の入院時は、
買い物係の特権で、毎日マグロ三昧でした(笑)

うさぎさんに頂いた銀スプ缶は、必ず口は付けてくれたし!
(本当にありがとうございましたm(_ _)m)

しかし便の方が出なくなってきて、またまたぴかさんから頂いた情報で、
「ニュートリプラスゲル」(高栄養だがウンチがゆるくなりやすい)
を取り寄せて試したら、翌日は少し出て!

その次の日も出たのですが、また出なくなり…(;_;)

あんのお見合いやカルガモに、母が退院しただけ状態でバタバタして。

カルガモお預けして、あんの強制給餌から帰ると、
二段目から降りる際、思いっきり踏み台踏み外して落ちた!!Σ( ̄△ ̄V

今までもよろけたりはあったけど、二段目の方が寝やすいようだから様子見してたが、
さすがにこれはもう危ないと、ベッドを一段目に移動した。

170410_2243~01.jpg

一段目だとトイレガードや周りに物がある為、
二段目みたいに手足を柵からだせず、ちと窮屈になってすまないが、
落ちる方が怖いから!

しかし夜にはトイレで寝っぱなしに…。

格好良いパンダ君は、トイレ以外で用足しはしたくないらしく。
(ずっと前の粗相も、ちゃんとシーツの上でした。
ただし人間ベッドの、きのぴた横でするんで怒られた笑)

ならばと母屋の白アザララシ用に買ってあった、
大型用のトイレに交換してみた。

170411_2226~02.jpg

これなら少しは手足が伸ばせるから。

けれど残念ながらすでに立てないようで、頭も縁に乗せたまま。

朝にはトイレから、ぴかさんに頂いたふわふわ布団へ交換。

病院に行こうか悩みながら、猫等の朝ご飯を済ませ、
洗い物に出ようとしたら鳴き出した!

最後を迎える前の吐き出すような鳴き声で、その後すぐに痙攣が始まり。

ただ撫でながら、もういいよ、としか云えず。

時間的には長くない痙攣の後、大きな息を吐いて旅立っていきました。

本当は、ずっとずっと辛かったんだと思う。

無理に治療をせず、家で過ごせる方を選んでしまったけれど、
ケージ暮らしにさせてしまったし。
(もっともケージじゃないとブラック兄弟他に踏まれるし、
ご飯泥棒ばかり出る)


それでも、家で最期を迎えられて、ちゃんと看取ってあげられたのは良かったと思う。

170415-panda.jpg

震災の年に来て、良い子なのにご縁がなくて、
猫嫌いなのに我慢もしてくれて。

ハチやシロリには供血もしてくれて、おかげで二人は、
ちょっと楽な日を過ごせたよ、本当にありがとうね。

170415_1104~01.jpg

沢山我慢させて、最後も火葬の為の休みが取れなくて、
(その前に連続で休んじゃったから…(T▽T))
土曜日まで待たせたら、お腹にガスが溜まって来てしまい、
破裂しないかビクビクものでしたが、何とか持ちこたえてくれて…(;_;)

170415_1638~02.jpg

やっと大好きなおピンクベッドでのんびり出来ると良いね。

(残念ながら無理だったが…orz)

あんのトライアル中だった為、報告が遅れてすみません。
パンダ君への沢山の応援や気遣い、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m

(T人T)

ニックネーム きのぴた at 11:13| Comment(1) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

2月後半〜 パンダ君、じわじわ

170226_1116~01.jpg

ケージ暮らしとなったパンダ君。

最初の頃は、用足し後はケージから出て、夕方もよおすと帰って来てましたが。

2月下旬に入ってからウンチの出が飛び飛びになり、
踏ん張る回数も増えたが出ない。

本猫も気持ち悪いのか、ケージから出なくなって、
昼間にベランダ覗きにちょっと出ても、すぐにケージに戻ってくる。

170226_1129~01.jpg

左手も大分良くなったんで、26日に病院へ。

体重は3.42キロまで減ってしまってました(;_;)

レントゲンでは、腫瘍から肛門まではウンチはなく、
やはりその手前で詰まっている様で、画像真っ白。

流れやすくするために、ウンチを柔らかくする飲み薬が出されました。

下痢する子もいるから気をつけてと云われましたが、
多めに飲ませてもなかなか出ず(>_<)

甘いシロップなんで嫌がってしまうし。
(そして踏み台に降りて退避するのを覚えた笑)

170322_0638~03.jpg

食べ方も落ちてきたんで、強制給餌も始めましたが、
a/dは入院時を思い出すのか吐いちゃうので、スープのみ。

スープ二回の間にシロップを挟み、更にシロップを少し水で薄めたら、
嫌そうながらも飲んでくれるようになり。

ウンチも毎日ではないし、長さも様々ながらも出だして。

170403_1226~01.jpg(細っ…涙)

ぴかさんに、カプセルに入れるとすんなり喉に落ちるとアドバイス頂いたんで、
どうせならと小さいの注文したんですが…。

届く前に左手噛まれて試せず、そろそろ頭もがっしり抑えられるか、
って頃に階段から落ちてしまい、試せないまま…(T▽T)

抗がん剤のが、ウンチやわやわになりそうなんだが〜。

(しかし3月末に試したら、やはり無理矢理押し戻して噛んでたorz)


しんどそうな様子を見てるのはツラいんだが、
さりとて病院通いはストレスでもっとしんどいんだろうし。

…苦しいのは少なく、穏やかに過ごさせてあげたいのだが。

何度こんな時を迎えても、やっぱり悩んでしまう…(T_T)



ニックネーム きのぴた at 16:55| Comment(0) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

1/15〜 引き籠もりパンダ、隔離される

161226_2317~01.jpg

癌が再発し、ウツボ部屋で引き籠もり生活を始めたパンダ君。

しかし、この後とんでもない事態に。

なんと、トイレにも出て来なくなったのだ!

もちろんマットの上で用足し…(-_-#)
(一度目撃したのたが、伸び体勢でしておった…)

170109_2244~010001.jpg

ならばと、大兄ちゃんの時のようにシーツ仕込んだ毛布を、
マットの上に巻きつけてみた。

が、わざわざ毛布外してするので、かえって洗濯物が増えたっ!

おかげで年末からずっと、日に何度も洗濯で風邪引きかけて。

(例の二層式洗濯機は外にあるのだ。屋根と壁はあるが扉は開けっ放し。
そして用足しは、何でか寝る前の夜中が一番多かった…(-_-#))

170109_2243~01.jpg

しかも用足しすると隣のマットに移動するんだが、
両方してしまっても出てこない!

マットの下にシーツ敷きまくりたいのに、隅っこで固まるし〜!


そもそもパンダ君の居る左側のウツボ部屋は、しゃがんで色々やるには、
周りに物が有りすぎる上に、いちいち移動が面倒ときてる。

長い棒とトングで交換するのだが、ウツボ部屋の人間ベッドは、
セミダブルだから、床にへばりつく状態じゃないと届かないので腰にも来るし。

保湿ティッシュを持ちながら移動状態となりながらの、
日々増えていく洗濯物に耐えられなくなり、とうとう二段ケージに隔離。

170115_1701~01.jpg

したらばユルユルだったウンチもきちんと出るようになり。

保護時や腹切り養生の時には使わなかった、二段目のベッドで寝だして。

170124_2144~01.jpg
(お水が減らんので、給水器つけてみた)

しばらくはそのままケージに入れてましたが、
一週間も過ぎると出してと鳴くように〜。

ウンチ出た後ならと、朝ご飯済んでから夕方までは放牧へ。

出し始めは、戻すのは引きずり出してましたが、
毎日出してたら、夕方は用足しへと自分から戻るように!

これなら人間もパンダ君もストレス少なく過ごせるかな〜、
と思ってたんですが、色々甘くなかった…。

続きます。
ニックネーム きのぴた at 19:22| Comment(0) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

12/11 パンダ君、再発も…

161105_1516~01.jpg

7月下旬に腸閉塞の手術をしたら、結腸腺癌と判明したパンダ君

再発しやすいのに、腸にドンピシャで効く抗がん剤もなく、
癌の活発化を抑える為の抗がん剤を飲んでましたが。

この抗がん剤が合わないらしく、飲むと吐く。

本猫も薬を嫌がって逃げ回る始末。

しかも上手く頬袋に薬を隠して、後で吐き出す技まで覚えた(-_-#)

もちろん病院も嫌がり、キャリーに入れようとすると、
お漏らし…(T▽T)

なので通院は1ヶ月に一回エコー検査のみ、抗がん剤も2〜3日おきと、
最低限の治療のみでした。


161212_0540~01.jpg(チッコ跡はブラックノワ)

それでも薬すら嫌がって、とうとうクローゼット下段にウツボる始末。

トイレに出て来た時などに、とっ捕まえて薬は飲ませてましたが。


161211_1252~03.jpg161211_1252~01.jpg

12月11日、いつもの定期検診に行くと。

体重が400gも減っており、お腹のへそ辺りに、
きのぴたが触っても分かる程の固いしこりがっ!

大きさ的には五円玉サイズか…。

針刺し検査で確認したところ、まず腫瘍で間違いないと。

一応腸の外側らしいが、手術で切除できるのか、
またどこまで転移してるか確認するために、まずはCT検査を薦められ。

結果次第で手術か、
転移があれば注射タイプの抗がん剤治療にしてみるか。

どうするか…、少し考えさせて下さいと、
その日はいつもの抗がん剤だけ貰って帰り。

しかし針刺し検査までしたのが堪えたのか、クローゼットウツボから、
人間ベッド下のウツボとなり、完全引き籠もり。

161218_0640~01.jpg

トイレも人が居ない隙にする始末(-"-;)
(砂掛けしないから大体分かるのだ笑)

CTにしても、注射タイプにしても、病院お預けとなる。

効果があまりに微妙なのに、ストレスだけ溜め込んでもな…。

だったら治療費の分、美味しいもの食べて、
家でのんびり過ごす方が良いか。

…ウツボだが(^_^;


飲む抗がん剤も、ウンチ出なくなったら飲ませる範囲で。

1ヶ月でいきなりしこりが育っているから、残り時間は少ないかもだが。

好きなように過ごせばいいさ。



猫(足)ちなみに、同じく癌再発中の家の母。

抗がん剤復活したのに値が上がってしまい、
通院時にだけしてる点滴の抗がん剤の種類を変えたら、
嘔吐と発熱と急変して緊急入院に(>_<)

まるおの去勢手術前だったんで、てんてこ舞いでしたー。

3日で退院して(ご飯まずいからと)、しばらくダルそうでしたが、
クリスマスケーキは食べられてます(笑)

でも12月の通院時は、前回の点滴拒否って来た…(-o-;)

やっぱ猫も人も、我がままですわ…。


( ̄× ̄;)
ニックネーム きのぴた at 10:45| Comment(1) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

8/18〜 パンダ君、抗がん剤開始もただ今休止中

160818_1910~01.jpg

抜糸が済み、コクシジュウムも無事落ちたパンダ君。

そろそろ抗がん剤を始めましょうって事になりました。

抗がん剤は、「Imatib 100」と云うヤツで、それを1日半錠。

でもじかに触らないでと、ゴム手袋付いてました…。

自分で割らねばなんですが、…ゴム手付けて出来る程器用じゃねぇ!ふらふら

飲ませるにも滑って落とすわ!!がく〜(落胆した顔)

ってんで、気にせずじか掴みしとりますが(笑)

ちなみに飲ませてる間は、ウンチも触らないようにと云われ。
(いや、ウンチはスコップでとるし!)

えっ、猫はっっ?!と聞いたら、他猫は踏んでも平気って…(-o-;)

猫踏んで平気なら、きのぴただって平気じゃね?( ̄∀ ̄)

あ、でも薬の後は洗ってからじゃないと他猫触らないです。
(え?用心するとこ違う?爆)

160819_0555~01.jpg

一見、副作用はなく、食欲もあり、ウンチは緩めだけどちゃんと出てる。

しかし、夕飯後に薬あげてたら、なぜか明け方吐くように…。

やはり副作用なのか?

一週間後に行くと、体重減ってるし〜。

更に触診でしこりっぽいのあると、エコーにレントゲンまでされたが、
良くワカランかったと…(;_;)

血液検査までされたが、値は元々おかしくないの変わらずだし、
猫に癌マーカーはないしねぇ…(項目多すぎて料金嵩むんだが泣)


とりあえず抗がん剤は続行と、今度は10日分貰い。

160825_1632~01.jpg(腹はまだ産毛)

その間も、やはり抗がん剤飲んだら朝方吐くのは止まず(>_<)

10日後の9月5日に病院行くと、またまた体重減ってるし〜(T_T)

再びエコーとレントゲンはしたけど、異常は見られず。

また、触診でしこりしこりとは云われんかったが…(-.-;)


きっちり100gずつ減ってるんで、一度抗がん剤を休んでみる事に。

吐くのが止まれば良し、止まらなかったら副作用ではないし。

160910_2346~01.jpg

んで、飲ませるの止めたら、やっぱり吐かないんだな、コレが。

一週間後くらいと思ってましたが、別口で病猫出たんで、
次は18日通院予定。

体重増えてたら、また抗がん剤再開かなぁ…。

でも次は休みいれつつ、の方が良さげ?( ̄× ̄;)



※ご心配頂いてる、母の様子はまたコメントにて(^_^;
ニックネーム きのぴた at 11:34| Comment(4) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

8/11 パンダ君、抜糸終了

160812_1925~01.jpg

腸閉塞の術後は、コクシの駆虫もあってケージ隔離のパンダ君。

しかし病院ならともかく、家でケージは嫌と鳴くわ暴れるわ。

鉱物系の砂入りだから重いのに、トイレまで動かす始末(-"-;)

なので、ウンチ後のみ出しては人間居ない時は隔離に。

術後二週間の7日では、やっとコクシは見えず!

…でもまだ完全フリーは無理だけど。

次の検便はもう少し間を開けて十日後にと云われ。

内心、あと十日も隔離は無理だわな〜でしたが(苦笑)

この日は13針の内、6針だけ抜糸して、
残りはもう少し抗生物質の薬飲んで、また5日後にとなり。


んが、想像通りもうケージは嫌だとうるさいんで、
用足しはケージに入れたらする、したらば出す。

これを繰り返したら、パンダ君も理解して、
ケージ入れたらとりあえず用足し(チッコも笑)するように。

最初は砂だけ掻いて、したフリもしましたけど(笑)


そして5日後の12日に、残りの7本抜糸して、
やっとお腹がツルツルに戻りました!

160812_2213~01.jpg

抗がん剤をどうするか、の話も出ましたて。

やはり腸に効くコレってのはないので、ひとまず飲み薬から。

そちらも取り扱ってるのは二種類あって、
1日300円のと千円のがあるんだそうな。

ただし、両方とも必ず効くかは分からない、と。

それならモチロン、お安い方で!

手術入院費、そらもう半端なくて明細書見て魂抜けましたから〜(泣)
(ワシの1ヶ月の給料より高けぇ…)


飲ませるのは、コクシが落ちてからにしたいので、
次は検便持って5日後くらいに。

160812_2212~01.jpg(ベッド好き)

早よ完全フリーになれると良いよね!

ケージで寝る派の為にもな(^_^;


※オマケに。
パンダ君と同じく完治は無理の、家の母の話は色々あるのでコメントに書きまーす。

”(ノ><)ノ
ニックネーム きのぴた at 11:23| Comment(2) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

8/2 パンダ君、退院も虫入りで隔離

160802_2139~01.jpg


報告遅れてすみません、パンダ君8月2日の夕方に退院しました!

ゆるゆるご飯(a/d)は食べませんでしたが、
カリカリ出るようになったら食べ出しました(笑)


しかし、出たウンチを検便したらば、なんとコクシが出たそうな!!(°□°;)

慌ててちび等の検便したけど、コクシは落ちてた!

…あんに回虫、ぼたんに鉤虫出たけど…orz
(プロフェンダー済みです)

なので二段ケージに隔離中〜。


が、薬(コクシと抗生物質)時に出すと、ささっとウツボ部屋に隠れる。

160803_1943~03.jpg(ウツボ部屋に隠れて開き)

そしてもちろん、呼んでも出てこねぇ〜(-"-;)

ストレスは分かるが、また誰かに移ったらどーすっだ!(怒)


にしても、きちんとトイレ管理してたつもりだったんだがー(;_;)

トイレスコップだって当然別だし、フン取り袋も別にしたし、
チビ等は一回落ちてすぐ出したから(エアコンのせいで)、
全部のトイレを掃除の度に除菌スプレーしまくったのに。

うう、何年も隠し持ってたのか?
それともこっそりケージに鼻入れて、ちびらのケツでも嗅いだのか?(笑)

体重多いから薬の量も多くて、カニになり泡ふいて大変。

抗生物質の薬も粉で出たんで、こっちもカニになるし…。

ちっ、病院じゃ大人しく飲んでたと聞いたのに〜(-_-#)

160803_0552~02.jpg160803_0552~01.jpg

でもご飯はカリカリもウェットも食べており、これだけは安心。
なぜか大好きだったモンプチは、あまり食べないのだが。
(せっかく美味しい小袋取り置きしといたのにー)


ちなみに、病院で着せて貰ってたガーゼ服は、
帰ったとたんに意味ない物になり、
(寝相悪くて傷口丸見え笑)すっぱり脱がせましたー。

ガタイでかいから、いつもの術後服はサイズなくて頼めんし…(T▽T)

13針縫われてたー!すごいね、頑張ったなぁ〜!

だから後もうちょい、虫落ちるまで頑張れや。

んでカニは止めろ、カニは(-"-;)


ニックネーム きのぴた at 10:37| Comment(0) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

パンダ君、癌でした

160728_1916~01.jpg160727_1917~02.jpg

きのぴたの聞き間違いで、水曜日まで絶食だったパンダ君。

すまん、差し入れは木曜にな(^_^;


して、お腹にシーツ貼られてて、すわ傷口がっ?!

とビビりましたが、単にお漏らし汚れ防止用だそう。

小さい水切りトイレは断固拒否らしく、そのまましちゃって寝てしまうので、
傷口に染み込まないよう、ビニール側を外に貼ってある。

…せめて場所は移動すると良いのでは?、パンダ君。

水曜日は膝まで乗って来て、かなり楽そうになっており。

160728_1928~01.jpg

木曜日に行くと、看護師さんに撫でて貰ってご満悦でしたん。

流動食には口をつけないので、強制給餌を始めたそうな(^_^;

それでも機嫌はかなり良さそう。


しかし、生検の結果が早くも来ており。

結果、「結腸腺癌」。しかも悪性タイプで再発の可能性大な上、
すでに転移してる可能性も大だそう。

…って、まんま家のおばさん(母)みたいじゃーん! Uorz

160728_1918~01.jpg

場所だけに、腸だけに効く抗がん剤は少なく、
またやるとなると全身になってしまい、副作用激しそう…。


なので、スパッと抗がん剤治療は無しの方向で。

定期的にレントゲン撮ってチェックくらいかな。

血液検査じゃ出て来ないしのぅ。


…体質だろうから、もうしかたないやな。


再発したらまた考えて、今は傷を治す事に専念しよう。


駄菓子菓子。

せっかくの差し入れスープ、茶こしで具なしにして出したのに、
二口舐めただけだったんで、これまた強制給餌したりました(笑)

出さないと帰れないんだから、ちゃんと食うのだ!

160728_1945~01.jpg(テープ舐めるな!)

頑張れ、パンダ君〜!
でも点滴用テープは舐めるでない(-"-;)





ニックネーム きのぴた at 20:28| Comment(2) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

パンダ君、腸閉塞でした

160726_1211~01.jpg160726_1213~01.jpg(腹きつそう)

月曜お預けしたパンダ君、手術は夕方の診察が終わってからに。

病院から電話が来たのは、夜10時過ぎ。

あわわ、遅くまですみません!ありがとうございます!


して、あのモヤモヤの中身は。

全〜部ウンチだったそうです(T▽T)

空気穴のみで塞がっており、全くブツは通らなくなっていたとな!

完全に腸閉塞でした(>_<)

詰まってたのが、限りなく直腸に近いところだったんで、
まだ吐き気がなかったんですな。

ホントに危ないところでした。すまんかった、パンダ君〜(;_;)

詰まってた部分を切り取り、ウンチ全部掻きだして、
切った腸と腹を縫い合わせて終了〜。


切り取った詰まってた部分は、念のため生検に出すそうです。

…まかり間違って腫瘍だと困るから。


火曜の昼休みに会いに行くと、なんちゃってガーゼ術後服で、
エリカラも着けられてたパンダ君。

しょぼんとしつつも、表情は楽になったような感じ?

良く頑張った!偉かった!!

ご飯は水曜からなんで、差し入れはなし。

明日はスープ持ってくるよん!


まずはウンチが出るとこまでは入院かの〜。

…遅くとも、週末には帰れますように〜(T人T)

パンダ君の為にも、きのぴたの財布の為にも!(苦笑)

ひとまず安心なご報告が出来て良かったです〜。


ニックネーム きのぴた at 13:27| Comment(1) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

パンダ君、開腹手術へ

160723_1949~01.jpg160724_1231~01.jpg


6月に花梨ちゃんと病院へ行ったパンダ君。

食欲不振で血液検査もしたが異常は見られず、
コンベニアだけ打って貰ったら食べ出して。


けれどまたも食べなくなったので、23日に病院へ。

体重はすっかり落ちて5キロ切ってしまってた(>_<)

年齢不詳だし、前回はまだ正常値だがクレアチニンが1.5だったんで、また血液検査。

…値、全く変わらず。全て正常値なり…(T▽T)


なので今度はエコーとレントゲンもする事に。

すると、ウンチは全然無いのに、小腸あたりにデカいモヤモヤが…。

胃の下から直腸前までが詰まってるのか?

だが吐いたりはなくで、食べたそうにして食べないんだよな。

おしっこは普通に出てる(つーかキャリーで漏らしてた笑)


ひとまずは補液に腸を動かす薬に、食欲増進剤と
弱い抗生物質入れて注射。

これでウンチが出れば良し、だったんですが〜。

本猫踏ん張っても何も出ず。

翌日もミニラスリーと一緒に病院へ。

再びレントゲンでチェックも、昨日と変わらず。

これはもう、腹開けて見てみるしかないのか?(;_;)

ちなみに本日はキャリーに入れるまえにお漏らし。

二回供血猫してるから、病院お預けが嫌らしい。

もう1日だけ補液を打って様子見に。(日曜だから院長半ドンなのだ)


この日はそれでも病院から帰ると、カリカリ数粒食べて。

でも踏ん張ってもやはり何も出ず。

その後は、強制給餌を嫌がって引きこもり(-"-;)

160724_2315~01.jpg(分かりづらい)

トイレも翌朝に出てきただけで、チッコのみ〜。


出なかったら手術、でしたんで、午前中にお預けしましたー。

お昼に電話なかったんで、夜に手術かな?


無事に原因分かって、とにかく腹がスッキリしますように!!

頑張れ、パンダ君!!(」>_<)」


ニックネーム きのぴた at 14:52| Comment(1) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

供血猫がパンダ君でなかった訳。

160615_0828~01.jpg160615_0828~02.jpg(一番狭いのに…笑)

きのぴた家で、輸血で一番の実績あるのはパンダ君。

しかし、大人しく鎮静剤すら使わないで採らせてはくれるが、
(ただし院長でベテラン看護師さん限定で)
本猫には、やはりかなりのストレスがかかってる(>_<)

そこを宥めて褒美出しまくりで、お願いしてるのだが…。


実は今回は、花梨ちゃんと同時期に食欲不振でコンベニア注射を打ってたのだ。

口は赤味はあるが、食べれない程じゃないし、
年齢不詳ではあるので、血液検査もしたがほぼ正常値。

異常なのは興奮で、血が濃くなってたことくらい。
(ヘマト50台って…!笑)


原因不明だが、ひとまず抗生剤って事でコンベニア。

花梨ちゃんの輸血時には、食欲不振は治っていたが、
残念ながらまだコンベニア注射が効いてる期間。

花梨ちゃん自身も、コンベニアが残っている期間だったんで、
腎臓悪いのに、更に抗生剤濃くしてどうするよ!
ってな事で、生け贄の一番手はソウルになったのだ。

もし輸血二回目があったら、パンダ君に出動お願いしただろうが…。

当たった先生と云い、どうにもタイミングの悪さが重なってしまってた。

(もちろんソウルとソウルブラッドは頑張ってくれた!)


なんだか花梨ちゃんには、とにかくすまないとしか云えない(;_;)


下で書き忘れたが、6月15日は怪獣様(大姉ちゃん)の命日でもある。

これだけ猫数居るのに、同じ日に、しかも同じような時間に逝くなんて…。

もホント、何だかな…(泣)


ニックネーム きのぴた at 00:14| Comment(0) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする