2017年05月19日

5/12〜17 夜一さん、貧血悪化と謎の腹水

170510_0006~01.jpg170512_1906~04.jpg

貧血になった夜一さん。

「ニュートリプラスゲル」を毎日二回と、a/d缶も強制給餌。


12日の通院では。

体重は服装備でもちょい減って、2.86キロ(;_;)

血液検査の結果は、腎臓の値は変わらずで、
BUN 21.4
クレアチニン 1.1 と正常値。

肝臓もグルコースもカリウムも正常。

ヘマトは、26.6 → 19.9とまた減ってしまい…(T_T)

しかも網赤血球と云う、新しい血液が出来てるかの数値が、
正常値ギリギリなので、どうやら血が造れてないらしい。


出血ではなさそうなので、先ずは一週間効く増血剤を試す事に。

しかし14日の日曜から食べなくなり、立つことも出来なくなった。

170513_2257~01.jpg

猫棚では危ないので、人間ベッドを明け渡して、
きのぴたは床寝も、寝返りすらせず突っ伏しのまま。

さすがに月曜にはイカンと会社抜け出し病院へ。
(院長、月曜は午前中のみで火曜・水曜休みだから)

体重は更に減って2.75キロ。

脱水もあるので、ステロイド入りの補液を二本して。

しばらく毎日補液に通う事になった。

170515_2208~02.jpg

が、病院が嫌だったのか、隠れたがるので、
人間ベッドの粗相用トイレ(と云う名のベッド)に入れて。

夜にはチッコ一回。
その後は出ず。60ミリも入れたのに?

ご飯は口にしないのに、強制給餌もかなり嫌がる様に。


火曜は夜に病院。
気になってたチッコチェックをして貰うと、
少し(五百円玉サイズ)溜まってる程度と。

体重は2.8キロと水分の分増えた?

この日も二本補液。


しかし夜中も水曜朝も、トイレに入れても出さない。
(あ、当然支えてます〜)

トイレ連行と病院を警戒してか、粗相用トイレから、
コタツへと居場所を変えて。

突っ伏し状態なので場所とるので、他の猫にど突かれそう。

実際ど突かれたので、こまめに覗いて牽制して。


水曜も自分から食べないし出さない。

夕方の病院では。

体重2.9キロと増えてる!
って、全部補液が出て行かないから?

チッコしないからか、お腹パンパンだし。

が、どうやら腹水の疑いが…。

チッコ抜きと、エコー検査をして貰うと…。

やはりお腹に腹水が溜まってたそうです(;_;)
胸水もぽっちりだが溜まっているとな。

カテーテルで出したチッコは、75ミリと補液一回分より多く。

腹水はまだ抜くほどではないそうなので、水の検査だけしてもらい。

心配した腫瘍の細胞は見えないものの、
代わりに炎症の細胞が見られたそう。

つまりは原因不明のまま…orz


ひとまずステロイド入りの補液量は変えず、
利尿剤も追加して打ちました。

チッコは作れてるようなので、腹水にならないようにと。

翌日の木曜は、午前中なら院長も居るので、
チッコの溜まり具合と、腹水が増えてないかのチェック、
そして治療方針を決める為にも、午前中に通院となりました。

170517_0524~01.jpg(香箱は組めてない)

チッコが無くなった分、少し表情が楽そうな?

でもやっぱり食べないし、香箱状態。
頭を置く毛布も必需品だし。

貧血も進んでしまっているのかな?

輸血するかどうかも思案どころだし…。


治療や検査はどこまでやるのか。
どうしたら夜一さんが一番楽に過ごせるのか。

しっかり見極めねばなんですが…、毎回辛い…(泣)



ニックネーム きのぴた at 14:17| Comment(0) | 2階猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]