2017年05月07日

4/12 パンダ君、旅立ちました

170407_2308~01.jpg

じわじわと病状が悪くなってきたパンダ君

4月からはカリカリは食べなくなり、ウェットもどんどん食が細くなり。

それでもお刺身や魚は、食べてはくれたので、母の入院時は、
買い物係の特権で、毎日マグロ三昧でした(笑)

うさぎさんに頂いた銀スプ缶は、必ず口は付けてくれたし!
(本当にありがとうございましたm(_ _)m)

しかし便の方が出なくなってきて、またまたぴかさんから頂いた情報で、
「ニュートリプラスゲル」(高栄養だがウンチがゆるくなりやすい)
を取り寄せて試したら、翌日は少し出て!

その次の日も出たのですが、また出なくなり…(;_;)

あんのお見合いやカルガモに、母が退院しただけ状態でバタバタして。

カルガモお預けして、あんの強制給餌から帰ると、
二段目から降りる際、思いっきり踏み台踏み外して落ちた!!Σ( ̄△ ̄V

今までもよろけたりはあったけど、二段目の方が寝やすいようだから様子見してたが、
さすがにこれはもう危ないと、ベッドを一段目に移動した。

170410_2243~01.jpg

一段目だとトイレガードや周りに物がある為、
二段目みたいに手足を柵からだせず、ちと窮屈になってすまないが、
落ちる方が怖いから!

しかし夜にはトイレで寝っぱなしに…。

格好良いパンダ君は、トイレ以外で用足しはしたくないらしく。
(ずっと前の粗相も、ちゃんとシーツの上でした。
ただし人間ベッドの、きのぴた横でするんで怒られた笑)

ならばと母屋の白アザララシ用に買ってあった、
大型用のトイレに交換してみた。

170411_2226~02.jpg

これなら少しは手足が伸ばせるから。

けれど残念ながらすでに立てないようで、頭も縁に乗せたまま。

朝にはトイレから、ぴかさんに頂いたふわふわ布団へ交換。

病院に行こうか悩みながら、猫等の朝ご飯を済ませ、
洗い物に出ようとしたら鳴き出した!

最後を迎える前の吐き出すような鳴き声で、その後すぐに痙攣が始まり。

ただ撫でながら、もういいよ、としか云えず。

時間的には長くない痙攣の後、大きな息を吐いて旅立っていきました。

本当は、ずっとずっと辛かったんだと思う。

無理に治療をせず、家で過ごせる方を選んでしまったけれど、
ケージ暮らしにさせてしまったし。
(もっともケージじゃないとブラック兄弟他に踏まれるし、
ご飯泥棒ばかり出る)


それでも、家で最期を迎えられて、ちゃんと看取ってあげられたのは良かったと思う。

170415-panda.jpg

震災の年に来て、良い子なのにご縁がなくて、
猫嫌いなのに我慢もしてくれて。

ハチやシロリには供血もしてくれて、おかげで二人は、
ちょっと楽な日を過ごせたよ、本当にありがとうね。

170415_1104~01.jpg

沢山我慢させて、最後も火葬の為の休みが取れなくて、
(その前に連続で休んじゃったから…(T▽T))
土曜日まで待たせたら、お腹にガスが溜まって来てしまい、
破裂しないかビクビクものでしたが、何とか持ちこたえてくれて…(;_;)

170415_1638~02.jpg

やっと大好きなおピンクベッドでのんびり出来ると良いね。

(残念ながら無理だったが…orz)

あんのトライアル中だった為、報告が遅れてすみません。
パンダ君への沢山の応援や気遣い、本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m

(T人T)

ニックネーム きのぴた at 11:13| Comment(1) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンダ君、きのぴたさん、お疲れさまでした。

「家で最期を迎えられて、ちゃんと看取ってあげられたのは良かったと思う」・・・本当にそう思います。
一番安心できる場所で、人間の中で心許せるきのぴたさんに撫でられて旅立てたのですから・・・。
ハチちゃんやシロリちゃんには供血もしてくれて・・・猫嫌いなのに我慢もしてくれて・・・お利口さんで頑張ってくれたのですね。

どうぞ、安らかに・・・ご冥福をお祈り致しますm(_ _)m
Posted by ふうむふむ at 2017年05月10日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]