2016年07月23日

7/10 ふわ子さん、初の肛門腺絞りへ

160710_1110~03.jpg160711_0902~02.jpg(お怒り中)


3月中旬と6月頭に肛門腺が破れて穴が開いたッポイ、ふわ子さん。

もしや肛門腺に異常もあるのかもと、傷もキレイになった、
7月10日に初の肛門腺絞りで病院へ!


体重は変わらず3.45キロ。

ささっと持参したエリザベスカラーを巻いて、いざ絞りをば!

すると出たのは、普通の茶色い肛門腺液ではなく、
レモン色のような黄色い膿のようなものが!!

量はちょっぴりだし、他に何も出ないので、
本日は絞っただけで様子見に。

でもやはり定期的に絞ってみた方が良さそうとの事。

…ええ、本猫めっさお怒りで噛みそうな勢いでしたけど(T▽T)

穴開くより良いから、頑張って絞って貰おうな〜!

エリカラ持参必須だがな(笑)



ニックネーム きのぴた at 19:36| Comment(1) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのぴたさん、こんばんは。

ふわ子さん、麗しのヒップが大変な事になりましたね(><)
お怒りの表情に、「私の平和を乱さないで!」という ふわ子さんの必死の思いが表れているようで、少しでも早く、症状が落ち着きますように願っています。

きのぴたさん、次々と猫ちゃん達の通院があって、中には、ふわ子さんのように必死になって、噛みついてでも阻止しようとする猫ちゃんもいるのでしょうから、くれぐれも、怪我をしないように、ご注意くださいね。
Posted by ふうむふむ at 2016年07月24日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]