2017年02月27日

ミニラスリーのあん、お見合い予定入りました!

170223_2114~01.jpg170225_2106~01.jpg170222_0804~02.jpg

すみません、アップが全然出来てませんが、またまた取り急ぎ。

今度は嬉しい方〜。


ミニラスリーのあんに、お見合い予定が入りました〜!

ツンデレとは云え、ツン多すぎのスリスリは無しのあん。

ご飯時はちゃんと寄ってくるし、寝てる時なら顔で腹モフも出来る。

でも甘えっ子じゃないんだな〜(T▽T)


その点しっかり説明しましたが、亡くなった先住猫さんもスリスリではなかったそうで、
普通に触れるなら良いと、ハードルの低い有り難さ!

しかも一戸建てですよん!


後はムチムチ過ぎて、ビックリされないかだな(笑)

お見合いは3月5日の日曜日です。

それまでに、二段ケージの箱を持てるように左手治さねば!


詳しくはまた楽天店にて。

170222_0804~01.jpg 170220_0835~02.jpg

みつとまるおも頑張ってご縁ゲットだぜ〜!


(*^m^*)

ニックネーム きのぴた at 17:01| Comment(1) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

2/19 お悔やみありがとうございます(が、冷戦中で負傷中)

170217_0757~01.jpg170218_1517~01.jpg170218_1518~01.jpg(犯人はノワ)


六へとお悔やみを頂き、本当にありがとうございますm(_ _)m

…ですが、あの馬鹿兄が、
休みを云いもしない、
いつ行くのか聞きもしない、
そもそも火葬頼んでもいない!、
だのに、きのぴたが連れていくと決めつけてやがりまして。

挙げ句亡くなった翌日から捕獲器持ち出して、
ちびスリーの最後の兄弟(生きとった!)をTNRではなく、
一階に入れようと目論んでやがった!


見舞いも引き取りすらついて来なかったくせに、
見送りすらしないのはどういうつもりかと、ブチ切れまして。

自分の猫を見送りもしないなら、これ以上増やす資格ないのと、
残りの子等も全員きのぴたが送るんか?!、と腹立ちまくり。

代わりに行こうかと言い出した母も説得したところ、
やっと、17日に自分で見送りを済ませて来ました。

…10日も14・15日休みだったくせに…(怒)

当然きのぴたは同行してませんが、マットが餞別って事で。

何より、ちゃんと兄に送って貰えたのが、一番の手向けかと…。


自分で連れていけとの返答が怒声だったので、
兄とはそのまま冷戦に入りました〜。

思えば以前にも猫の世話の事で言い争いになり、
冷戦に入るも、母の手術入院でうやむやになったんだよなー(-"-;)

ちっとも進歩も反省もしとらんわ。


意地でも兄に送らせるつもりも、六を見れば罪悪感も湧いて、
ずっとイライラしっぱなしで更新も出来ず。

やっとイライラが少しは収まったと思ったら、
今度は左手首ガブリとやられましてん…(T▽T)


ベランダ開けてて閉めようとしたら、ちょうどノワだけ残ってたんで、
爪切りチャンスと追い回したら、なんと金網こじ開けて逃げようと!

慌てて抑えたら、頭側の左手首を思い切り噛まれ。

右手だけで6キロは引っ張れず、屋根に落ちた〜(T△T)

が、二階の高さにビビって固まり(笑)、そのまま止まったは良いが、
ベランダの非常用隙間開けても入らない〜(>_<)

さすがに流血が凄いんで、一度手を洗いに行きまして。

手首の小指側の骨の出っ張りのとこと、
手のひら側のとこに牙が根元までグッサリ…。

…骨のとこじゃなきゃ、穴貫通してたかも?


六は薄暗くなっても固まったままで、
こらアカンと屋根続きの蔵の二階の窓を開けて、
ご飯置いて締め切りました。

障子なんで、いまいち不安でしたけど。


が、翌朝やはりベランダには戻らず、念のためキャリー持って蔵に行くと。

ご飯は食べてある!

探すと板を置いてある隙間に隠れてましたん(-.-;)

窓閉めて、散っ々追いかけまわして、何とかキャリーイン。

無事に二階へ連行しました。


しかし何故にここまで逃げ回ったか(-_-#)

…って、つい4日前の日曜に、やっぱり追いかけまわして、
首根っこひっつかんでキャリー入れて、
病院ではネットに転げ落としてワクチンしたっけ〜(笑)

その時には爪切り出来なかったから、爪切りチャンスなんだった。

3日過ぎたら忘れてなさいよ( ̄× ̄;)


ところが久しぶりのガッツリ噛みで、痛みと発熱が酷く、
土曜日には人間病院へ〜。

鉗子で傷口開けてグリグリされて、傷薬塗られました(;_;)

でも貰った飲み薬は良く効いて、日曜の午後には、
熱取りのアイスノンは不用になりました〜。
(いや、まだ熱は持ってるけど、我慢出来る程度笑)


猫の世話も時間かかるし、左手で物が持てないんで、
洗濯は全部母任せなのも申し訳なくって(>_<)

(猫皿と自分の食器は根性で洗ってます)

携帯も左手打ちなので、右手だと時間かかって…。

イライラしてる時は文章書けないのもあって、
(愚痴だらけになりますけん笑)、
溜まってる闘病日記も、また更に遅れそうですが(>_<)


とりあえず、六は無事に空へ帰った報告でした〜(長すぎ)

m(_ _)m
ニックネーム きのぴた at 00:34| Comment(2) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

六、亡くなりました

170207_2145~01.jpg.

危篤の電話から一時間たたない内に、呼吸が止まったそうです。

止まる前に鳴いていたと…。

帰りたかったんだろうな…。

ごめんな。
オレの猫なら、面会時に連れ帰ったかもだけど。

それでも、最期は苦しんでではなかったそうで、
それだけが救い。

虹の橋で、パンダ皇后と楽しくおやり。

頑張った、お疲れさま。

念派を送って下さった方々にも感謝をm(_ _)m

ありがとうございました(T人T)



…それでももう、あの先生には担当して欲しくないなぁ…。
もうやだ。完全ジンクス。


ニックネーム きのぴた at 21:58| Comment(3) | パンダ軍団(1階猫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/7 六、手術の方向へ…のつもりが危篤

170207_1938~01.jpg(ぐったり…)


願い叶わず、足は動かないままの六。

このままでは徐々に腐ってしまい、身体にも悪いし、
何よりも痛みが酷くなるばかりだろうとの事で、
切断手術をする方向になりました。

ただし、血栓で心臓が弱っているので、心臓の薬を始めつつ、
他に血栓が出来ないよう、溶かす治療も継続し、
麻酔に対する体力戻して、週末あたりの手術予定となりました。

面会前には、昼間は上半身起こして動いていたそうで、
強制給餌も始めたとの事。

これなら今日は持ってきたご飯も口くらいつけるか、
強制給餌もしちゃおう、とか思ったのに…。


酸素室前に来て見たら、瞳孔開いて初日よりぐったりしてる!

話が全然違うやないか〜!

どうも強制給餌の後、一度吐いたそうで、
その後ぐったりしだしたとか。(担当のイマイチ先生は他の診察中)

…手の方の肉球まで赤紫なんですけどー(;_;)


とりあえず、持ってきたマットをタオルの下に敷かせて貰い、
頭を縁に乗せて楽な体勢にしてあげようと。

…いや、手伝いは有り難いのだが。
その声もかけずにヒョイと触るのがなー、見てる方も猫も嫌がるんだが。

実際、六鳴いてるし。
まあ、動かされたせいもあるかもだが。

この場合、マットの方を敷いて欲しかったのよ。
抱っこはワシがしたかったの〜。置く体勢、きちんと気をつけたかったからー。

(実際、後で体勢直したさ)

この様子では、手術どころかこのまま悪化して逝ってしまいそうな…。

昨日は普通の顔してたのに(ちなみに昨日はイマイチ先生お休み)

昼まで元気だったから、もしかすると別に血栓が出来てしまった可能性もあると。

…とまで書いてたところで病院から電話が!

尿が全然作られておらず、どうやら脳に血栓が出来てるらしいと!

病院で亡くなってしまう可能性があるが、治療を続けるか否かと。

兄に相談したら、連れ帰ったら確実に死ぬなら、
一応治療は続けてと云うので、そのまま病院に。

…帰るすがら、ずっと花梨ちゃんの時の事ばかりよぎったが、
当たってしまったよ…。

…足無くしても面倒見ちゃるから!
頑張れよ、六〜!


ぴかさん、すみません、念派引き続きお願いしますー(T人T)

ちなみに足の血栓は一カ所で、ちょうど両足に分岐する場所だそう。

でも尻尾は別の細い血管から血が通るので、
昨日も振っておりました。

恨んじゃいかんのだが、いかんせん間が悪いだよなー、
あの先生…orz

これ以上ジンクスにならないでくれー!(泣)
ニックネーム きのぴた at 20:44| Comment(1) | パンダ軍団(1階猫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/5〜 パンダ軍団の六に、念派お願いします(T人T)

170205_1923~02.jpg


色々報告はあるのですが、まずは危機的な方を。

パンダ軍団の六が、後ろ足の血栓で入院しました。

5日の朝は歩いていたそうですが、おやぢ等の病院から帰った昼に、
六が後ろ足を引きずってると兄が云いだし。

慌てて見に行けば、下半身麻痺のように後ろ足が正座状態。

すでに時間外でしたが、すぐに病院へ。

院長は午前中までなので、嫌な予感通り例のイマイチ先生でしたが、
事は急を要すなんで、ここは我慢。

本猫唸ってましたが、やっぱりスルーでサクッと触診…(T▽T)

が、予想した神経の方ではなく、血栓らしいとの事!

怒ってるんで、ベテラン看護士さんがエリカラ持ってきて、
簀巻きをずらしながら無事装着。

エコーとレントゲンで、大きめな血栓を確認。

まずは血を溶かす薬を点滴で入れて、血が流れてくれるのを待つ事に。

ただし、神経と違い血が止まってしまっているので、
溶けるのが遅かったり、溶けない場合は、後ろ足が壊死してしまう為、
両後ろ足切断も考えなければならないと…。

…ひとまずはお預けし、夕方また様子見へ。

170205_1923~01.jpg

残念ながらまだ効果は出ておらず、血液検査の結果も酷い数字ではないが、
ほとんど正常値からはみだし(>_<)

幸い?、Htと白血球は異常なし!

でも足が動かなくなったショックからか、
肺にも水が溜まってきてるそう…。

血栓のせいもあって、心臓にも負担がきてる為、
酸素室に入ってました。

(花梨ちゃんとは違う部屋だが)

昼間真っ白だった後ろ足の肉球は、赤紫になってました…。

ぐったり感半端なくて、ストレスだけでもヤバそうな…(>_<)

何とか血だけでも流れるようになるのを祈りつつ帰宅。


6日の朝、仕事だと思った兄が休みだったんで、
夕方の見舞いに同行して、治療(最悪足切断)続けるのか、
金も出さんなら自分で安楽死頼めと問い詰め。

したらば、切断でも治療は続けて良い、ちゃんと金も出すとの事。

なら、良かった。

…きのぴた世話はしてやれても、金は全く出してやれんから。
(二階にも時限爆弾持ちが二匹も居るさけ)

でもあの野郎、やっぱり見舞いにはついて来なかった(怒)

170206_1928~01.jpg170206_1928~02.jpg

それでもパニック治まって、痛み止めも効いてるのか、
6日は顔つきが良くなってました!

きのぴたの顔見て、「なんだお前か」と少し威嚇も(笑)

昨日悪かった数値も、BUNとクレアチニン以外は正常値に。

だが足はまだ動かず。

昼間には、一度肉球がピンクになったそうだが、
一度だけでまた赤紫に。

肉球だけでなく、足も赤紫になってきてる…。

尿カテーテルは昨日から入れてるんですが、
足は動かずとも上半身起こしたりしてるんで、
カテーテルがこすれて血の色混じってたり。

(血栓の溶けたのかと期待したが違ったー)

利尿剤でチッコはしっかり出てるので、肺の水は抜けました!

後は本当に、全部溶けなくても、血だけ通ってくれれば…!

切断判断リミットは3日目の火曜日。

出来れば切らずに済むよう、皆様の念派で力添えをお願い致しますm(_ _)m

7日の夕方には、良い報告が出来ますように〜(T人T)


ニックネーム きのぴた at 09:46| Comment(1) | パンダ軍団(1階猫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする