2016年06月27日

6/26 名称だけ変更のミニラスリー

160626-mini3-1.jpg

新ちびスリーだと名前を間違えそうなんで、ミニラスリーに変更します〜。

つーか、ちびスリーはもう小さくないから
でかスリーだが(笑)

160626-mini3-2.jpg

おトイレは上手♪

160626-mini3-3.jpg

こちらは砂掛けは下手だけど(笑)

160626-mini3-4.jpg

ご飯後はだいぶほぐれた寝相に(*^m^*)

写真撮れないんですが、ねずみのオモチャ入れたら、
結構遊んでおりました〜(≧▽≦)

シャーはまだあるけど、撫でるとゴロゴロが一瞬出たり!

ぼちぼちでんな♪

160626-mini3-5.jpg

カリカリも入れてみたら、順番争って食べてたりー。
でも一人で食べきったりとかはなくて、
食えるのか味見した感じ?

お水を入れてはいるのですが、ほとんど飲まなくて。
(お乳ばっかり飲んでたんだろうなー)

なのでカリカリはおやつ程度に入れてます。

カリカリのがウンチは硬くなるんだろうけど、
脱水のが怖いわー(暑いしな)


サビっ子のお目目、ロメワンがあまり効かないので、
手持ちのティアローズにしたら少し良くなったような?

早く涙止まると良いねぇ〜(T_T)

手持ちにミルクは無かったんで、試しにミルキーちゅ〜るあげたら、
食いつき良し!(笑)

ちゅ〜る星人になりそうです(* ̄m ̄)プッ


サビちゃん、ちびを呼ぶ回数は減りましたが、
夜は鳴いて探してます…(T△T)すまん

そしてちびを捕獲したら、乳が膨らんできた〜。
今まで吸われっ放しだったんだろうね…。

自分の栄養にしておくれー。



ニックネーム きのぴた at 16:55| Comment(0) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

6/25 新ちびスリー、盛り盛り

160625-mini3-1.jpg
(なぜか一列笑)

朝起きたら、ウンチ盛り盛りだった新ちびスリー(笑)

食わせ過ぎとコクシでビチビチなり(T▽T)

まあ、出ないよりヨシ!

160625-mini3-2.jpg
朝一ご飯からしっかり食べて。

160625-mini3-3.jpg

皆と一緒のウェット終わってから、コクシのシロップをば。

まだシャーしますが、ハイハイ云いながら飲ませ。

サビっ子ちゃんは、ロメワンの目薬も。

160625-mini3-5.jpg

まだ警戒しながら固まって寝てますが、ご飯は食べる。

丸型はたま〜に手をだしますが、踏み鳴らしタイプなんで当たらず。

160625-mini3-4.jpg

里珈しゃんケージは広い面が両側プラスチック面張りなので、
普通のケージよりは熱が籠もりやすいから、温度調節が難しい。

暑すぎてもイカンしなー。

それでも段々固まり団子が崩れてきて、川の字になってたりも。

ドア開けると起きちゃうんで、撮れないんだが(^_^;

160625-mini3-8.jpg

カルカンパウチも食べてますが、a/dもスープ割りにしたらば完食!

新ちびスリーと夜一さんとで一缶です(笑)

160625-mini3-6.jpg

ガンガン食わせてるので、ウンチはソフトクリームのまま。

しかも続いて入った子が踏んだりするので、要注意(>_<)
(サビっ子ちゃんがあさっての方向に砂かけするから〜笑)

それでも全員、きちんとおトイレに入るから助かります。

もちっと落ち着いたら、二段ケージに引っ越そうな〜。

160625-mini3-7.jpg

しかし名前、まだ浮かばない(^。^;)


ニックネーム きのぴた at 11:29| Comment(0) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/24 新ちびスリー、猫の巣窟入り

160624-mini3-1.jpg
(夕飯後)

新ちびスリー、会社帰りに迎えに行きそのまま二階入り。

遅くなった上にキャリー持ってたんで、
二階猫らはキャリーの中身など気にせず逃げて(笑)

ひとまずちび達を里珈しゃんケージに入れて、トイレ掃除!


飯々騒ぐ二階猫らを尻目に、先にちび達に一口。

カルカンパウチのスープ割りでしたが、3匹完食!

その後二階猫らの夕飯済んでから、もう一口。

今度はカルカンパウチのとろみ割りだったんですが、
一匹だけ半分程お残し。

残したのは、写真左端の丸型ハチワレの男の子。

前回の日記の性別微妙はV型の方でした〜(^_^;)ゞ

それからサビっ子には、目薬刺し。結膜炎で涙目になってもたので。

首を掴んで持ち上げようとしたら、悲鳴をあげてグネグネ!

落とすまいと、慌ててお腹掴んだら、ちょうど顔が来て、
右手人差し指カプッ!(>_<)

いや、ちびなんでチクッとでしたけど。

病院でも空砲飛ばして、コクシ駆除のシロップ飲ませでは、
なんと看護師さんの指を噛んでしまったとそう〜。

特にV型ハチワレの子は、ウ〜ウ〜唸ってるし(-.-;)

そんなに怒るなよーと、膝に乗せ爪の先だけチョッキンし。

エライエライと撫で、調子乗って腕に顎乗せさせたら、
その左手甲側をガブリとー(T_T)

離そうとしたら、噛んだまま捻るので、噛ませたまま持ち上げてケージに入れたら、離してくれたけど。

四つ穴くっきり開いたけど、やっぱりちびなんで、
イソジン消毒だけでも腫れもせず。

いかんせん口が小さくて歯も短くて、力もまだまだだから。

大人猫に爪引っ掛けられた方が、よっぽど悲惨〜(笑)

160624-mini3-2.jpg

緊張で、3匹固まったままでしたが、おトイレはきちんと使ってくれて。

寝る前ご飯のカルカンパウチのスープ割りはぼぼ完食。

うし!ガンガン食べてまずはしっかり大きくなろうな!

…そんで仮名どうすっぺか?(笑)



ちなみにお母さんのサビちゃんは、離れ入る時に、
探したけど見あたらず。

二階ケージ入りしてから来たので、ちび達には会わせられず。

やっぱりまだ鳴いてるけど、ご飯のおかわりはしっかり食べてた(笑)


ニックネーム きのぴた at 00:28| Comment(0) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

6/10〜 白アザラシ、セミントラを始める

160623_0625~01.jpg160623_0625~02.jpg(イランと倒す笑)

6月7日ワクチンついでに、一応年なんで(13歳)血液検査をした、
白アザラシことピョロリ。

体重は6.35キロと変わらずだったのに、
クレアチニンだけアウトの2.3〜(T_T)
しかしBUNは31.4の、リンも3.9だったので、
ワクチン(3種)は打って、飲み薬のセミントラを始める事に。

うう、セミントラは体重分メモリで飲むんで、6.3だとすぐ無くなるやんけ!

痩せるか、下げるかしといてくれ〜(T▽T)


混ぜたら絶対飲まないので、朝食後にシリンジ飲み。

カニ(泡出し)にこそなりませんが、嫌がって隠れるので面倒(-"-;)

そしてカリカリに20歳の銀のスプーンをトッピングすると、
あからさまに嫌な顔して、こっちを見るアザラシ。

放置されてると、同居猫の黒猫が食べちゃうぞー!
(こっちはシニア前なのに)

ダイエット食も嫌がる、ダメアザラシであるが、
来月の検査で下がってなかったら、腎サポオンリーにしちゃるぞ、コラ(-_-#)



ニックネーム きのぴた at 15:02| Comment(0) | 母屋&外猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

サビちゃん

160621_1759~01.jpg160621_1759~02.jpg(写真はちび捕獲前日)


サビちゃんが、大きめの声で鳴きながら子猫を呼んでます。

ご飯も、自分の分一回食べたら、いつもならおかわり食べちゃうのに、
子猫の為にか残したまま…。

ごめんにょ、ちび達は病院だよ。
残念ながら、もうお外には出さないよ。

お腹の虫も駆除しないと、大きくなれないから…。

ってか、サビちゃんもきっとお腹に居るよね(>_<)
コクシのシロップは無理でも、回虫の粉薬ならいけるかなぁ…。

自分の為に、いっぱいお肉つけようね…(T_T)


ニックネーム きのぴた at 19:31| Comment(0) | 通い猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/23 新ちびスリー、一姫一太朗一不明(笑)

160623-mini3-1.jpg
(朝一ご飯はペロリ笑)

さて新ちびスリー、一晩お風呂場で過ごしました。

入れてたご飯は空になり、誰かおトイレにチッコも。

朝一ご飯は普通のウェットのトロトロバージョン。
しばらくして見たら、全員完食(^-^)b

母屋猫の世話と洗濯後に、今度はa/d缶あげたら、一匹残してたー(T_T)
場所的にはサビっ子の分。

そのまま置いといたら、誰か食べてあったけど。
a/d単品はアカンかー、トロトロ混ぜねばなるまいな。

160623-mini3-3.jpg

温度も一応確認しましたが、ちび用温度♪

朝一で銀行行かねばなので、病院予約は昼前に取り。

連れに戻ったら、トイレにウンチ盛り盛り〜。
…下痢んちょだけど…(T▽T)

まあ、これで検便もすぐして貰えるし、ラッキ〜?

食べて出して元気出たのか、いっちょ前に空砲飛ばし始めて。

ふっふっふ、君らのサイズじゃ怖くないどー(笑)

ひょいと捕まえて順にキャリーに入れて、ウンチも持って病院へ。

160623-mini3-4.jpg

母猫の避妊もした院長先生でしたんで、話も早い(^_^;

ただ、どう考えても2ヶ月なのに、皆揃って700g…。

ぼたん保護時より小さいじゃーん(┳◇┳)

うう、それでも風邪でグチャグチャとかでなくて良かった!

実は母猫サビちゃん、お預け時にパルボ猫が診察に来てたのあって、
すぐに3種ワクチン一回だけ打ってるのだ。

手術後はもちろんコンベニアも打った。

だからお乳で少しは抗体貰えてたのかも…。

…栄養は全く足りてなかったがの…(泣)


ウンチあるんで、変なの居ないか確認してからノミ落としを選ぶ事になり。

そのまま3匹セットでお預けとなりました〜。

ちなみに性別は、サビっ子はもち女の子。
白黒のハチワレがV字っぽいのが男の子。

もう一匹のハチワレが丸っぽいのが、ちと微妙(笑)
触ってチンチン出ないんだけど、なんか玉袋型なのよー(^。^;)

栄養足んなくて育ってないからだなー。
最後に捕獲して最初に空砲飛ばしてるから、男の子な気もするがの。

…不明だと仮名どうするべ?(笑)


先程電話で、ウンチから回虫とコクシが出たとー(>_<)

栄養足らんのはそのせいもあったかな。

なので、ノミ落としは新薬のブロードラインで行く予定だそう。

年はともかく体重が少ないので、念のため確かめてからだそうですが。

コクシはひたすら飲み薬なんで、何日かおきに要体重チェックですが、
どうせケージから出せないなら、金曜夕方にお迎え予定。

病院だと、せっせと食べさせられんから。
(きのぴた家は保護時は下痢しても良いから食いまくれ方針)


まずは里珈しゃんケージ空けないとー。

…里珈しゃんとサンちゃん、どこに移動させたら安全だろう…(T▽T)

金曜夕方の二階猫らが怖いわ〜。


ちなみに、初期医療費は兄から分捕るつもり。
当然ッスよね、奴が大元の原因なんだから(-_-#)


ニックネーム きのぴた at 13:52| Comment(0) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

6/22 新ちびスリー現る

160622-mini3-1.jpg
(性別はまだ不明)


先週末から、一階猫らは見えてたのか、台所の窓に入れ替わりが多く。

おかげで水道のレバー倒されて、水出しっぱなしにされ、
エライ目に会うこと度々(-"-;)


日曜日の夜に、馬鹿兄の離れ横の餌置き場に、足の白い部分を目撃!

すぐにとんずらされたので、全体像見えずもどうも子猫っぽい。


月曜日、母屋で夕飯帰りにまた動く白い部分が!

慌てて自前の捕獲器を仕掛けるが、かからず。

母猫っぽいのも見えたが、黒猫?
シルエットしか見えないから分からず(>_<)

火曜日は、病院で必殺の捕獲器借りて来て仕掛けたら…。

4月半ばにTNRしたサビ猫が入ってしもて、ちび現れず〜(T▽T)

もちろん、このサビ猫も馬鹿兄の置き餌で寄って来た猫。
(なのに避妊手術代はきのぴた持ち・怒)

ちなみにこのサビ猫、捕獲した時におっぱい膨らんでたんで、
子育て中か分からなくて、急いで診て貰ってから手術した猫さん。

乳吸ってる様子ないとの事だったんで、産んでから捨てられたかと思ってた。


して本日水曜日。サビちゃん食べてないけど、暗くなったからセット。

30分後に一度見たら、なんと二匹も入ってた!!
サビっぽいのと白黒と。

しかも奥を見たら、サビちゃんともう一匹白黒子猫が居る!

ええっ、じゃこれサビちゃんの子供?!
いっや〜!授乳時にお母さん捕まえちゃってた!(┳◇┳)

だから2ヶ月のハズなのにちっさいんだぁぁ〜(泣)
ごめんよー、生きてて良かったよー!


しかし3匹もちっさいの保護って…orz

胃をシクシクさせながらも、まずは捕まえた二匹を、
ちびケージに移動させて。

なんとしても、残りの一匹もと頑張って捕獲!
(でもやっぱり最後のは賢くて、罠ご飯容器二回も替えた)

まさかの四匹目は居ないのを確かめてから、やっとサビちゃんにご飯。

平らげながらも、置き餌場付近をウロウロして子猫を呼ぶ。

ごめんね、子猫取り上げちゃって。
でもしっかり育てるから!

頑張って人慣れさせて、嫁に出すから〜(T_T)

けど怯えてケージで蝉になるんで、無理に性別は確認せず。

毛布敷いてタオルで覆って、まずはウェットご飯だけ入れ。

下の浴槽の追い焚きして、保温代わりにし、
タッパートイレを入れて、ご飯半分減ってたんで足して。


シャーは無いんですが、とにかく立ち上がってケージに張り付き蝉化(^_^;

人そのものを見慣れてないんだよね〜。

明日の木曜日は、ノミ落としつけて貰って、
そのまま一泊して、ウンチも出たら検便して貰って。

子猫ご飯は注文したけど、まずはa/d缶のが良さそうかな。

お母さんと離れて辛いだろうけど、きょうだいは一緒だから少し安心かな?

まずは頑張って大きくなろうな!


あ〜、でも二階猫らの機嫌がますます悪くなりそう…(;_;)


ニックネーム きのぴた at 23:59| Comment(1) | ミニラスリー2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

6/16 花梨ちゃんの居場所

160616_1011~01.jpg160616_1024~02.jpg160616_1224~01.jpg
花梨ちゃん、16日に有給取ってお見送りして来ました。

病院からのお花はいつもよりカラフルで、可愛い花梨ちゃんにぴったり。

きのぴたのお花(お値打ち品でスマン)と合わせて、華やかには出来たかな?


1月に大兄ちゃん送ったばかりで、いかんせん頻度高いから、
さすがに霊園の人に顔を覚えられた…(T▽T)


あっという間だったからか、骨はしっかりしてました…。

二階の皆と再会して、元気にやってるかな?

お持たせの美味しいの、今度は味わって食べれてますように…(T人T)


が、連れて帰ってまたも悩むのが、花梨ちゃんの居場所。

ちびスリーがとにかく暴れ屋なんで、下手な場所だと、
吹っ飛ばされるのは確実(-"-;)

里珈しゃんケージも考えましたが。

やはりお気に入りの猫棚一段目にしました(^_^;

後ろは元々、ちょっかい禁止用の金網貼ってあるから落ちないし!

ちびスリーもこちらはめったに入らない。

うん、皿に入れたお供えしなければ、だが(-.-;)

…花梨ちゃんはお骨になっても小さいから、
他の子の邪魔にはならないもんね…。


沢山お疲れ様でした、花梨ちゃん。のんびりしてね。

(;_;)
ニックネーム きのぴた at 00:58| Comment(3) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/5 ふわ子さん、また破れる

160613_2018~01.jpg160613_2017~01.jpg(もう完治笑)

3月中旬終わりに、肛門の右横に大穴開いたふわ子さん。

コンベニア注射のみで無事に塞がり、やれやれだったのに。

6月になったら、今度は左側に穴開いたーーΣ( ̄△ ̄;)

前回よりは小さい(半分くらい)が、穴は穴。
またまたコンベニア注射を打ちに行きました〜(T▽T)

今度はバッチリ肛門腺位置。

写真は13日のものなので、穴は無くなってますが(^-^)b


さすがに短期間で開いてるんで、来月あたり、
試しに肛門腺絞りに行ってみなければ〜(>_<)

逆鱗ポイントだから、エリザベスカラー持参せねばのぅ〜。

(-.-;)
ニックネーム きのぴた at 00:11| Comment(1) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

供血猫がパンダ君でなかった訳。

160615_0828~01.jpg160615_0828~02.jpg(一番狭いのに…笑)

きのぴた家で、輸血で一番の実績あるのはパンダ君。

しかし、大人しく鎮静剤すら使わないで採らせてはくれるが、
(ただし院長でベテラン看護師さん限定で)
本猫には、やはりかなりのストレスがかかってる(>_<)

そこを宥めて褒美出しまくりで、お願いしてるのだが…。


実は今回は、花梨ちゃんと同時期に食欲不振でコンベニア注射を打ってたのだ。

口は赤味はあるが、食べれない程じゃないし、
年齢不詳ではあるので、血液検査もしたがほぼ正常値。

異常なのは興奮で、血が濃くなってたことくらい。
(ヘマト50台って…!笑)


原因不明だが、ひとまず抗生剤って事でコンベニア。

花梨ちゃんの輸血時には、食欲不振は治っていたが、
残念ながらまだコンベニア注射が効いてる期間。

花梨ちゃん自身も、コンベニアが残っている期間だったんで、
腎臓悪いのに、更に抗生剤濃くしてどうするよ!
ってな事で、生け贄の一番手はソウルになったのだ。

もし輸血二回目があったら、パンダ君に出動お願いしただろうが…。

当たった先生と云い、どうにもタイミングの悪さが重なってしまってた。

(もちろんソウルとソウルブラッドは頑張ってくれた!)


なんだか花梨ちゃんには、とにかくすまないとしか云えない(;_;)


下で書き忘れたが、6月15日は怪獣様(大姉ちゃん)の命日でもある。

これだけ猫数居るのに、同じ日に、しかも同じような時間に逝くなんて…。

もホント、何だかな…(泣)


ニックネーム きのぴた at 00:14| Comment(0) | パンダ君、頑張りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

6/15 花梨ちゃん、逝きました

160615_0836~02.jpg160615_0844~01.jpg160615_0845~01.jpg(猫棚イン)


朝方、病院から電話があり、花梨ちゃんが逝ってしまったと…。

看取ってもあげられなかった…。
あんなに家に帰りたがっていたのに…。

それでも看取ってくれたのが院長だったんで、まだ良かったかな…。


輸血して元気は出たけど、その後おチッコがほとんど作れなかったそうで。

翌日からヘマトも下がっていて、亡くなった時の耳も真っ白だった。

…本当に『たられば』ばかりで、後悔ばっかりだが。

頑張ってくれた花梨ちゃんが、先に行ってる爺様たちと、
虹の橋で楽しく過ごせてますように…。


また、口が痛かったのもやはり食欲不振の要因らしく、
右側は上の奥歯全て取ってしまったから、
下の歯が、上の歯茎に当たっていたっぽい(>_<)

麻酔で処置なら、下の歯も丸めて貰えたんだろうが…。

なんにせよ、家で一晩ゆっくりしてな。


…問題は、人間ベッドの上もコタツの中も、スリーギャングが心配な事。

案の定、連れて帰ってひとまず人間ベッド寝かせて、ウェットご飯の支度してると。
黒猫兄弟どころか、ぼたんまで踏んでるし!!Σ( ̄△ ̄;)

里珈しゃんケージに入れたら、今度は里珈しゃんとサンちゃんが危険だし。

どこなら安全かと部屋中見回し悩み。

ふと目に入った、花梨ちゃんお気に入りの猫棚一段目。

高さ狭いし幅もぴったりじゃね?、と試しに入れてみたら、
マットのサイズにジャストフィット!!

うん、これなら他の猫入らないから、踏まれないし、
お気に入りの場所だったから、落ち着くよね。


応援して下さった方には、残念な報告で本当に申し訳ないです。

花梨ちゃんを気にかけて下さって、どうもありがとうございましたm(_ _)m



ニックネーム きのぴた at 23:58| Comment(4) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

6/14 花梨ちゃん、痙攣を起こす

160614_1928~01.jpg160614_1921~01.jpg(起きれず)

輸血で元気が出てきたと思った、花梨ちゃんですが…。

火曜日も中へ通され、看護師さんに聞いてみると、
容態が悪いとの事…。

酸素室の中の花梨ちゃんは、だらりと横になり、心音計器のコードを着けてました。

院長の説明によると、なんと朝に痙攣を起こしていたそうな。

しかも物音にビクビクと反応してしまうので、
痙攣防止に鎮静剤を打ったそう…(T_T)

数値はクレアチニンはじんわり下がって11.7も、BUNはまだ振り切ったまま。

昨日は31まで増えたヘマトも、もう26まで減ってしまい、
更には昨日は正常値まで下がったアンモニアが、339まで急激にアップ!

また、高めだったカリウムも8.7までアップ!

どうやらおチッコがあまり出来なくなってしまったらしい。

ヘマトの値が下がったのもあり、点滴もさほど増やせず、
このままではまたも危険な状態に…(;_;)

酸素室の扉開ける音にもビクッとしてしまい、
申し訳なく思いながら、声かけながら撫でて。

鎮静剤で分からないかな…、とか思いましたが。

あまり酸素濃度下がらないようにと、一度扉を閉めたら、
後ろ足掻き出して鳴いた!

すわ痙攣かと近くにいた先生を呼びましたが、掻く仕草はおさまり。

痙攣の前兆かもしれないから、始まったらまた呼んでと云われ。

小さい扉じゃなく、診察にドアごと開けたので、
開きついでに身体の向きを少しずらして、顔を見られるようにして。
(扉側に背中向けてたので〜(T▽T))

しかし、撫でてから扉閉めたら、また後ろ足掻く仕草して一声。

…これは起きたがってるのかも…。

再びドア開けて、手で頭に枕して、まだ帰れないからと宥めて…。

もうちょっとだけ頑張ってみようと、お願いしてみた…(T_T)

出来る事なら泊まり込みたいが、他の子らの世話もあるし、
飼い主とは言え部外者泊められんだろうしね…。

今日もまた、普段部屋に放りっぱな携帯を持ち歩いてます。

…鳴らないで済みますように。
…少しでも快方に向かいますように…(T人T)

置いてってごめんな、花梨ちゃん。
でも良くなってくれるのを願っているから。

良くなって、また美味しいものいっぱい食べような!

頑張ろうな!(T_T)q
ニックネーム きのぴた at 22:35| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/13 花梨ちゃん、続き

160613_0819~01.jpg160613_0819~02.jpg160613_0820~01.jpg(甘えっ子に戻ったソウル)


13日の面会時の花梨ちゃん。

検査結果を酸素室の前で聞きながら見てると、
下のシーツがうっすら濡れてるような?

色は全くなくて、光の加減かと思ったが、やはりチッコで。
(量はしっかり一回分!)

シーツ交換しましょうと、例のイマイチ先生がぐわっと抱き上げ。

いや、すんません!尻尾ボワッとなってますし!

慌ててきのぴたが!、と代わって貰いましたが、
尻尾ボワッは宥めるまでボワボワでしたん…(>_<)

(この日も院長休みでした…トホホ)


それでも、下の写真通り、顔付きしっかり座って撫で撫で。

お水どう?、と食器を口元に寄せると、舌を浸すだけでしたが、
4・5回は出し入れ(≧ω≦)b

更に手を入れてる扉から頭を出し、膝に乗ろうとしたー!

危ないので、きのぴたが出して膝に乗せて。

花梨ちゃんの好きな、膝上四つ足立ち抱っこに、尻尾も立てて。

まだ帰れんよ〜、と何とか宥めて、また酸素室イン。

さすがに気持ちハイに疲れたのか、入れたら香箱になりましたが。


明日は診察室で会えそうだ〜、スープ差し入れようと、ルンルンでした。



おまけで供血猫ソウル情報。

花梨ちゃんと同期(先輩)で今年7歳のオス。

体重は5.25キロのムチムチ。

クレアチニンは正常値ギリっぽい1.5も、
後は全て正常値で、ヘマトなんか49!(笑)

ただ、コレステロールがちと高いので気をつけてと云われたが(^_^;

何より恐がりだが、人には攻撃しないし、暴れない良い子。
(逃げ周りはするがー笑)

その辺分かってて、生け贄選んでるんだよ、こっちも。

院長とベテラン看護師さんは、分かってるんだがのー(-"-;)

ホント、院長不在時の担当変えて欲しいです。

実際、翌日またも異変が…(泣)

続きます。
ニックネーム きのぴた at 20:35| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

6/13 花梨ちゃん、ソウルブラッドで安全圏に!

160613_1918~01.jpg160613_1928~02.jpg160613_1936~01.jpg(まだ念のため酸素室)

輸血した花梨ちゃん、ソウルブラッド効果で、6.3まで下がったヘマトが、

昨日の夜には28.0まで上がり、13日には31.4までアップ!

でかした、ソウルブラッド〜\(≧∇≦)/


腎臓値は変わらずの、ビリルビンがまた上がってしまいましたが、
貧血の心配なくなったから、点滴の量も増やしていくそうです!

ひとまず、携帯握り締めながらウトウトはしなくて良さそう(^_^;

まだ書きたい事はあるのですが、さすがに限界来てるので、
明日追記します〜(T▽T)ゞ

応援念派ありがとうございます!(*^人^*)
引き続きお願い致します〜(←図々笑)


ニックネーム きのぴた at 23:37| Comment(1) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/12 花梨ちゃん輸血

160612_1858~01.jpg160612_1906~01.jpg(酸素室イン)

緊急入院となった花梨ちゃん。

点滴始めて翌日土曜の数値は、残念ながらあまり変わらず。

なのに貧血は進んでいた為、日曜の数値次第では輸血予定に。

そしてヘマトは11台から6.3まで下がってしまい、
輸血をする事になり、ソウルが生け贄に。

60ミリをゆっくり輸血で夕方の面会時には終わっていて。

朝には立てなかったと云う花梨ちゃんは、立って移動もするようになったと。

貧血悪化の為、酸素室インも、ちょっぴりしたオシッコ避けて、
マットから降りて毛布の上に香箱組んでました(^_^;

シーツを交換してマットに乗せると、座ったまま撫で撫でも出来て。

明日の検査では、せめてヘマトは安全値まで上がってますように!

日曜の検査では、ビリルビン以外はほぼ入院時の値に戻ってしまった(>_<)

貧血治して、ガンガン治療出来て、値が下がってくれますように!

しんどいだろうけど、頑張ってな、花梨ちゃん〜!(T_T)q


ニックネーム きのぴた at 01:03| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/12 頑張ったソウル

160612_1612~01.jpg160612_1807~01.jpg(ウツボ部屋から)

花梨ちゃんの輸血の為、生け贄となったソウル。

待ち時間長くて、お迎えは15時半に。

キャリーの中でも後ろ足ツルツルしながら回ってて。

なので落ち着くまでケージに入って貰おうとしたが、
根性で逃げ出し、足元ふらついてるのに部屋中グルグルと!

慌てて捕まえて抱っこも、開口呼吸起こしてて、
いやもう不憫で申し訳なかった!

怖かったよな、ごめんなー。

落ち着くまで宥めながら、ずっと抱っこしてました。

立てるようになったんで、放したらウツボ部屋にお隠れ。

…ケツが横になっちゃってるけど…(T▽T)

まあ、そこならぶつからないから、ゆっくりしなさいよ。


夕方のご飯時間には、顔を覗かせて。

ご褒美にスープメニューを出すと、しっかり飲んだ。

ぴかさんに頂いた、懐石のお高いカリカリも、しっかり食べて、
いつもの寝床のクローゼットの網棚へ。

登れず落ちるかもと見てましたが、ちゃんとジャンプして横になり。

夜には普段通りになりました〜!

…ええ、きのぴたの顔見ると、避けて歩きますが…(^_^;


もし次の生け贄要請あっても、ソウルじゃないから安心しなされ(笑)

しばらくは、美味しいの食べて養生しような。
お疲れ様、ソウル〜!(^-^)b


ニックネーム きのぴた at 00:45| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

6/12 生け贄ソウル

160612_1052~01.jpg(帰ったら褒美三昧だから!)

緊急入院した花梨ちゃん。

昨日の数値もほぼ横ばいな上に貧血だけ進んでしまい。

土曜はひとまず増血剤を打つも、日曜朝の数値では輸血予定に。

そして朝に病院から電話があり、輸血用の供血猫を頼むと。

…ただ、電話が例のイマイチ先生で、話無駄に長っ!

そのくせ受付に話通してないし!


パンダ軍団の残りのワクチン予定日でもあったんで、
2・3匹云われてもキャリーないわい!

第一、いっぺんに輸血するでなし、まずはソウルが合わなかったら云うてくれ。

どうやら院長休みらしい…(;_;)
せめて他の信頼出来る先生に当たって欲しかったー!
(暇なのがあの先生だけだったのやろか…)

とにかく、担当医の腕は心配だが、輸血して花梨ちゃんの容態が良くなりますように!(T人T)

頼むぞ、ソウル!
血抜き終わったらすぐ迎えに行くからな!
(ちゃんと看護師さんにも頼んだけん!)


(;_;)q
ニックネーム きのぴた at 11:48| Comment(0) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

6/10 花梨ちゃん、異変

160610_0606~01.jpg160610_1252~01.jpg160610_1923~01.jpg160610_1929~02.jpg(診察室で面会出来ました!)

そもそもの発端は、5月下旬から食が落ち始めた事。

だが、食べてる時に奇声を発して口をかきむしるので、
歯の問題だろうと思ってしまったこと。

あまりに食べる量が減ってきたので、6月1日に病院に行くも、
水曜午後は院長休みで、しかも当たった先生が新入りの方。

(しかも指で曲げちゃった針で採血したことあるんで避けてた人)

グラグラしている歯はあるが、まだ根っこが残っているので取れないと。

なのでその日はコンベニアと、痛み止めのステロイドを打って貰った。

その日の夜は、食べたのだが翌日には元通り。

しかし病院嫌いでキャリーに入れると漏らす花梨ちゃん。

コンベニアが切れてからにしようか悩み。


しかし、ますます食が落ちたので、腎臓組と共に5日に病院へ。

院長も無理に取ると根っこ残るかも、と。

それでも試しにと抜歯をしたら、無事抜けて。
(普通は麻酔してですが、花梨は高血圧なので麻酔は極力回避)

これで食べてくれるかと思ったが、さっぱり。

それどころか、連続病院のせいか隠れてばかり。

さすがにイカンとスープの強制給餌も始めるが、食は増えず。


9日にはa/d缶に切り替えたが、夜中の2時過ぎに吐き、
普段鳴かないのに、切なげに鳴く!

触ってみると冷たいので、毛布の中に入れて寝るも、
同衾嫌いなので逃げようとする(>_<)

少し温まったところで、シロリの服を引っ張り出して着せてみた。

サイズぴったりで、着てしまえば嫌がらない。

せめて朝までこれでいてと放すとウツボ部屋に退避。

朝には一応出て来たので、皆のご飯済んでから、
昨日よりは水分多めのa/dをあげると今度は吐かず。

空いてる時間に会社抜け出して病院行くつもりで、
二段ケージに花梨ちゃんを入れて仕事へ。

したらば急な仕事と、院長の予約がピチピチなのとで、昼過ぎに病院へ。

体重はまたまた減ってて2.38キロ(T_T)

もちろん血液検査となり、結果をみたら…。

BUNとリンは数値振り切り、クレアチニンは13.9!

さらにはビリルビンも上がってる上に、貧血でヘマトが17.2まで下がってる!

白血球や肝臓値はほんのり高い程度だが、
この数値じゃ大兄ちゃんが再発した時並みじゃん!(;_;)

当然、即入院して点滴となり。

ただ、値が値だけに点滴の効果が出なければ…、である。

携帯ばかりチラチラ見ながら午後は過ぎ、
急いで帰って猫の世話を済ませ(しかも一階の分まで!怒)、
病院へ面会に行くと、てっきり入院ケージでと思ったが、診察室に来た!

猫かぶり状態で、大人しく治療も抱っこもさせていたそうな。

うん、昼より顔付きがしっかりしてる。

オシッコもどんどん出してるそう!

貧血なのと、最初の検査が昼だった為、夕方の検査は無し。

明日の朝には、数値下がってると良いねぇ!

きのぴたと二人になったら、やおらキャリーを探してグルグル。

いや、まだ帰れないから。キャリーもないから〜(^_^;


差し入れのマットと毛布の間に入り込み、隠れてるつもりでまったり?(笑)

うん、早くお家に帰れると良いね。
せめて通いで済むように、どーんと上がった数値が、
どーんと下がりますように〜(T人T)

花梨ちゃん、今年でまだ7歳(子猫で保護だから間違いない)。
腎臓に来るには早すぎだから、ゆっくりなペースで治療になりますよう!

願わくば、セミントラまで〜!


しかし大兄ちゃんが亡くなったら、いきなり腎臓組み増えるとは。

実は母屋の白アザラシも、ワクチン時検査したらセミントラになった…orz

まあ、こちらは年が13歳だから、まだ仕方なくも思えるが。
(しかもアザラシだからね)


今年もつくづく、猫波乱万丈どす…(┳◇┳)


ニックネーム きのぴた at 00:47| Comment(1) | メール更新 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

5月〜6/5 おやぢ(船一)、じんわりアップ中

160508_1224~02.jpg160605_1138~02.jpg(どんどんブスッくれに笑)

セミントラのみで月1通院になった、おやぢこと船一。

まずは5月8日に病院へ。

体重は4.85キロとキープ♪

いざ、数値はキープ出来てるか?!

…残念ながら、BUNとクレアチニンがアップ〜(T_T)

うう、前回1.8まで下がったのに、2.3まで増…。

BUNは38.7とほんのりアップな為、セミントラ継続で。

でも念のため二週間後にまた検査となりましたん。

しっかり食べて、機嫌も良いのになぁ〜。

怖がってたかつえちゃんが、ムチムチになって機動力が落ちたんで、
また台所にもちょろちょろするようになったし。

して二週間後に検査も、またも値アップ〜(T△T)

まあ体重は変わらないからと、やはりセミントラ継続の、
二週間後にまたいらっしゃいでしたが。


駄菓子菓子。


その後も二週間ごとに検査も、値はじんわりアップ中〜(泣)

クレアチニンは、2.3 → 2.5 → 2.6。

BUNは38.7 → 44.4 → 42.4。

どーんとは上がってないし、体重とリンやヘマトはキープ出来てる。

なんで6月5日も、ひとまずセミントラ継続になりましたが。

…さすがに次も上がってたら、補液再開になるやもしれん。

うぬぬ、猫にも人にも財布にも負担増えるから、
何とかぽっちりでも値を下げるのだ!

頑張りゃ〜、おやぢ〜!

”(ノ><)ノ
ニックネーム きのぴた at 11:51| Comment(0) | 2階避難猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/5 夜一さん、キープ中

160508_1224~01.jpg160605_1138~04.jpg(ひさびさに通院時鳴いてた)

3月下旬に、尻尾に怪我させられた夜一さんですが。

160410-yoru2.jpg4/10

尻尾の穴はキレイに塞がり、コンベニアを打った影響もなく、

4月の血液検査もクレアチニンは1.4でした(^_^)v

しかし5月の検査では、正常値ギリギリの1.8にアップ(>_<)

6月5日の検査でも、値変わらず〜(T▽T)

ただ、BUNは下がってきて、4月に35.0が33.7の27.1まで下がった!

体重もずっと3.5キロをキープ♪

なので、セミントラのみで継続の、通院も月1のままです。

尿結石の黒チビつむぎと一緒に、新しく出た、
銀のスプーン20歳用食べてるのが良いのかな?

おやつも同じく新しく出た、腎臓用のハッピークランチにしたし(笑)

まあ、腎サポ食べてくれるのが、本当は一番なんだがのぅ(^_^;


これからもキープで頼んますよ?、夜婆様(笑)


ニックネーム きのぴた at 11:13| Comment(0) | 2階猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする